直線上に配置
直線上に配置
トップ アイコントップページヘもどる
直線上に配置
※詳しくご覧になりたい方、印刷などはこちらをどうぞ。(PDFファイル、162K)
直線上に配置
直線上に配置
直線上に配置
直線上に配置
直線上に配置
直線上に配置

これまでに開催した講演会

トップ アイコントップページヘもどる
直線上に配置
直線上に配置
「ひきこもり経験者が家族に求めているもの」
~ひきこもり当事者体験談
NPO法人KHJとちぎベリー会創立14周年記念講演会    不登校、引きこもり支援

・日 時  平成28年6月26日()午後1:30~4:00

・会 場  宇都宮市若草1-10-6

      「とちぎ福祉プラザ」(2F第2研修室)      

・参加費  会員 1300円  非会員 1500円

      (当事者は無料)(ご家族は1名以外500円)

・講 師  新江侃氏

      (小中学校長・那須教育事務所長・大田原市教育長等歴任・

                       栃木県傾聴ボランティア連絡協議会顧問
)

・第1回講演会(学習会)テーマ

     『良い人間関係を作るには…傾聴を通して』
   

≪学習会全体スケジュール≫

・日 程   28年6月を第1回として毎偶数月の月例会時に実施

  第2回 8月28日(日) 講師 野中俊介氏(SCSカウンセリング研究所 臨床心理士)

     仮テーマ「ひきこもりの対応と家族の役割」

  第3回以降につきましては現在企画検討中です。 


≪申込み及び問い合わせは下記まで(定員50名)≫

    E‐mail  aku@sky.ucatv.ne.jp     FAX 0282‐86‐4437

    TEL  090‐3900‐5643 (とちぎベリー会 阿久津副理事長) 

    (携帯電話の場合極力ショートメールでお願いします)

              

………………………………切 り 取 り 線………………………………   


                  参 加 申 込 書

          6月26日 ベリー会月例会(学習会)

   『良い人間関係を作るには…傾聴を通して』に参加申込みします


住所  

氏 名                     氏 名

(連絡先電話番号       -      -       )

当事者区分(〇印)   当事者   ご家族   支援者   その他

NPO法人KHJとちぎベリー会創立13周年記念講演会       不登校、引きこもり支援

「強迫症(OCD)とひきこもり」
~本人・家族の気持ちとその対処~

NPO法人KHJとちぎベリー会

          http://khj-tochigiberry.net/

mail1@khj-tochigiberry.net

                     (問い合せ) 090-1846-4004(齋藤)

何度も確認をしてしまう…、何度も何度も手を洗わずにいられない…、お風呂の時間が長い…、手袋をしないとものがつかめない…、何度も着替える…、ごみが捨てられないなど、自分では馬鹿げたことと思いながら、やらずにいられないことはありませんか?それらはもしかしたら、強迫症/強迫性障害(OCD)という病気かも知れません。

このような状態を持ちながら、日々苦しい思いをしている人、ご家族もいることでしょう。しかし、強迫症は適切な治療によって、症状が改善する人も少なくありません。ただ、誤解されやすい面や、適切な治療に出会うまでが難しい場合があり、そのために悩んでいる人もいると思われます。

この度ベリー会では、テレビ等でも強迫症についてお話されるなど、こ問題に詳しい精神保健福祉士の有園正俊さんをお迎えしお話していただきます。有園さんご自身も、約
25年前に強迫症を体験されましたが、現在では診療所などで精神療法や相談を行っています。

講  師  ももこころの診療所、OCDサポートOCDお話会 

認定行動療法士、精神保健福祉士  有園正俊さん

日  時  平成28年 1月17日(日)  午後1時30分~午後4時00分

場  所   とちぎ福祉プラザ  2階  第2研修室 

宇都宮市若草1-10-6  ℡028-621-2940

参加費   会 員  1人 1,200円    非会員  1人 1,500円

当事者(ひきこもり当事者・ひきこもり経験者)  無 料

申込方法  mail1@khj-tochigiberry.net(記載事項:名前・住所・当事者・会員・非会員)

申込期限  平成28年11月10日(定員に達した際は、これ以前に申し込みを締め切ります。)   

定員80名に達した後にお申し込み頂いた場合のみ、その旨のご連絡を差し上げます。予約なしで来場された場合で、既に定員を超えてしまった場合には、消防法上の理由で入場をお断りすることもあります。ご了承ください。 

会場はお借りしているだけです、内容等についての問合せは090-1846-4004齋藤迄)

直線上に配置


・日 時  平成27年12月20日(日)午後1:30~4:00

・会 場  宇都宮市若草1-10-6

「とちぎ福祉プラザ」(2F第1研修室)      

・参加費  会員 1300円  非会員 1500円

(当事者は無料)(ご家族は1名以外500円)

・講 師  高橋 晋氏(カウンセラー・家族相談士・ひきこもり経験者)

・第3回講演会(学習会)テーマ

『ひきこもりの根本と家族の役割・対応』   



全体スケジュール≫

・日 程 27年6月を第1回として毎偶数月の月例会時に実施

  第1回 6月28日(日) 講師 野中俊介氏

SCSカウンセリング研究所 臨床心理士)

テーマ「ひきこもりから元気になるために家族ができること」

  第2回 8月23日() 講師 割田大悟氏

(神奈川県立青少年センター ひきこもり相談補助員)

        (日本社会事業大学大学院社会福祉学研究科博士課程在学)

テーマ「ひきこもり経験者だから分かること」

  特別企画 10月11日(日)

KHJ本部主催 とちぎベリー会共催「ひきこもり大学」   

        講師 フリージャーナリスト 池上正樹氏他  

ひきこもり経験者数名

テーマ「全国の当事者たちの居場所や活動状況」

  第3回 12月20日(日) 講師 高橋 晋氏

  第4回  2月28日(日) 講師 未定 

    ≪申込み及び問い合わせは下記まで(定員50名)≫

   E‐mail aku@sky.ucatv.ne.jp FAX 0282‐86‐4437

TEL 090‐3900‐5643(とちぎベリー会 阿久津副理事長)               

………………………………切 り 取 り 線………………………………   

            参 加 申 込 書

12月20日 ベリー会月例会(学習会)

「ひきこもりからの回復に向けて(仮題)」

に参加申込みします

住所  


氏  名         氏 名


(連絡先電話番号     -    -     )

<
直線上に配置
http://www.khj-tochigiberry.net/
mail1@khj-tochigiberry.net

NPO法人KHJとちぎベリー会創立10周年記念講演会       不登校、引きこもり支援

            親の動きで子の回復が決まる                       

NPO法人KHJとちぎベリー会

          http://khj-tochigiberry.net/  

mail1@khj-tochigiberry.net

                                                             (問合   090-1846-4004齋藤)

 

 

早く何とかしてほしい…、何時までこうしているの…、何故?…、まだ寝てる…、頑張って…、親の元気なうちに…親はついこのように思いがちです。

親はどう関ったらいいのでしょうか。関るとはどの様なことでしょうか。

 

子どものために関っているつもりなのに…本当に子どもの為になっていますか。

 

「ひきこもり」とは、子が危険を感じた時に、自らが崩壊しないように無意識にとった手段なのです。

 

親は子の自立を望みますが、それにはどのように対応していったら良いいのでしょう。

ベリー会10周年記念講演として、多くの不登校やひきこもりに関ってきておられる全国引きこもりKHJ親の会(家族会連合会)池田佳世代表のお話です。

 

講  師  NPO法人全国引きこもりKHJ親の会(家族会連合会)代表

一般社団法人SCSカウンセリング研究所代表   池田佳世 さん

 

日  時  平成25年 4月28日(日)   午後1時30分~午後4時00分


場  所  とちぎ福祉プラザ    2階  第1研修室 

宇都宮市若草1-10-6  ・028-621-2940

参加費   会    1人 1,200円
      非会員  1人 1,500円

 当事者   無 料

 

なお、入場者数が63名を超えた場合は入場をお断りいたしますこと、予めご了承下さい。

(会場はお借りしているだけです、内容等についての問合せは090-1846-4004齋藤迄)

        取り組みを続けた、親の出した結論

 

  フレンドスペース24年、SCS14年の中のケース

                       

不登校、引きこもり支援

NPO法人KHJとちぎベリー会

                            http://khj-tochigiberry.net/ 

                                                               (問合   090-1846-4004齋藤)

 

 

一度、社会との繋がりを絶った子へ、親はどう関ったらいいのでしょうか?

関るとはどの様なことでしょうか?

理解していて関っているつもりが、先が見えないと思っていませんか。

 

「ひきこもり」とは、子が危険を感じた時に、自らが崩壊しないように無意識にとった手段なのです。

 

生きていくには安心感がなくては生きていけません。分っているようで出来ない、その根本に目を向けてもう一度最初から見直してみませんか。

今回の講演は、ケースの中から具体的なお話をお聞きします。

 

          

講  師  特定非営利活動法人フレンドスペース相談部長 

一般社団法人SCSカウンセリング研究所所長   桝田宏子 さん

 

日  時  平成24年10月28日(日)   午後1時30分~午後4時00分

場  所  とちぎ福祉プラザ    2階  第1研修室 

宇都宮市若草1-10-6   ・028-621-2940

 

参加費  会     1人 1,200円    非会員  1人 1,500円

当事者   無 料

なお、入場者数が63名を超えた場合は入場をお断りいたしますこと、予めご了承下さい。

(会場はお借りしているだけです、内容等についての問合せは090-1846-4004齋藤迄)                   

NPO法人KHJとちぎベリー会
          http://khj-tochigiberry.net/
         mail1@khj-tochigiberry.net
                     (問い合せ) 090-1846-4004 齋藤
何時までこうしているの…、何故?…、まだ寝てる…、頑張って…、親の元気なうちに…
親の思いは子の将来を思って、子の自立を願っている…

覆いかぶさる家族との軋轢きのなか…
自らが崩壊しないように無意識にとった手段…。「ひきこもり」

 家族とは何なのか…
 14年間のひきこもり経験から、ひきこもり当事者が家族に求めているものをお話して頂きます。


                                                          
講師     障がい者地域活動支援センター支援員 KHJ本部事務局地域連携担当 
           ひきこもり経験者 瓜生直樹(うりうなおき)さん

日時         平成29年 4月23日(日)  午後1時30分~午後4時00分
場所         とちぎ福祉プラザ 2階  第1研修室(宇都宮市若草1-10-6)
参加費      会 員  1人 1,300円    非会員  1人 1,500円
                 ひきこもり当事者   無 料
申込方法法  郵送 〒320-0032 宇都宮市昭和2-3-5 NPO法人KHJとちぎベリー会
                   FAX028-627-6200
申込期限     平成29年 4月 20日(定員に達した際は、これ以前に申し込みを締め切ります。)

  ……………………………………   切 り 取 り 線   ……………………………………   
  4月23日講演会「ひきこもり経験者が家族に求めているもの」 参加申込書

  住所       (連絡先☎     -     - 

  氏 名                    氏名                



定員63名に達した後にお申し込み頂いた場合のみ、その旨のご連絡を差し上げます。
予約なしで来場された場合で、既に定員を超えてしまった場合には、入場をお断りすることもあります。
ご了承ください。 
(会場はお借りしているだけです、内容等についての問合せは090-1846-4004齋藤迄)